Newsニュース

2018.10.30

TAP新チャレンジコースが完成しました

皆様、大変長らくお待たせしました。TAPセンターの新しいチャレンジコースが完成いたしました。見た目も非常にインパクトがあります。新コースは命名して「チームチャレンジコース」になりましたので、よろしくお願いいたします。工事関係者の手際の良い作業によって、約2ヶ月で完成!本当に匠の技に拍手です。

この「チームチャレンジコース」は今までのハイエレメントと大きく異なることはセルフビレイ(自分のロープで確保を行う)というもので、そして、1チーム最高8名で同時に課題にチャレンジしていけることです。

我々スタッフが建設前に工事関係者と「こんなコースがあったら、こんなチーム体験ができるのではないか」と色々話し合い、試行錯誤しながら出来上がったコースです。ですので、本当に完成したことに感謝しながらも、これからどんなアドベンチャーが始まるのかドキドキワクワクしています。

「チームチャレンジコース」を皆様にお伝えする前に、我々スタッフが体験しなければなりませんので、まずはとにかく体験してみました。今までのハイエレメトとは違う、このコースでしか味わえない地上5mでの中段で3つのエレメントをみんなで課題解決!その後は螺旋階段で上段に移動します(斬新な作りです)。ここからは8mの高さでさらに3つのエレメントを体験していきます。このことでチームとしての協力やサポートから「一体感」を感じることができました。皆様、これは体験してみないと分かりませんよ! チームで上に上がっている時は一生懸命で頑張っているのですが、ワイヤーでグラグラしたら足がガクガク、怖いはずなのに何故だか終始ワッハッハ…と、とにかく笑い声が絶えないのです。本当に楽しい。これがまた不思議でチーム力も培われていくのです。

「チームチャレンジコース」の勢いに押されてしまいそうですが、我々のコースはこれだけではありません。4人でできるバーティカルプレイペン(空中障害物)もこのたび新設されました。これは4人で同時に登っていくユニークなエレメントです。どんな風にやるのでしょうか?ここからまた色々なドラマが生まれるのでしょうね。

また、「チームチャレンジコース」にはクライミングウォールも取り付けてあります。今までのハイエレメントのタワーにもクライミングウォールはありましたが、今回我々が願っていたのはオーバーハング(角度があり反り返っているので、よりクライミングの難易度が上がる)でした。このウォールによって様々な難易度のルートを体験することできます。皆さんも登ってみたくなりませんか?

我々TAPセンターでは、様々な年齢層に対応したプログラム展開を考えています。エレメントに使われる角材やロープ、ワイヤー同士の間隔などが巧妙に計算され、幅広い年齢層の方がチャレンジできるコースになっています。ここからもチャレンジコースの奥深さが伝わってきます。これから、この新コースエリアで多く人が楽しく活動していくことが本当に楽しみです。

さあ、皆様とお会いできる2019年3月のTAPフォーラムまでに、我々スタッフはこれからも多くのプログラムを展開し、教育的効果のあるプログラム作りを目指します。さらに、安全を第一に考えたコース運営を心がけていきます。

新生TAPセンターをこれからもよろしくお願いいたします。では、「TAPフォーラム2019」で新コースとともに皆様をお待ちしております。

TAPセンター 村井 伸二(Shin)

Contact !!お問い合わせ

私たちの活動内容や研究について、
またこのサイトに関するお問い合わせは
以下よりお願いいたします。

お問い合わせ先

玉川大学TAPセンター
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1アクセスマップ

※こちらをクリックするとお使いのパソコンのメールソフトが立ち上がります。