Now What !!外部プログラム紹介

教育委員会・学校・企業人材教育・地域活動・国際理解教育・国際協力事業・スポーツチームのチーム力の強化・人権教育・多様性理解・アドベンチャー教育等に関するプログラムのデザインと提供、ファシリテーター育成を行っております。
玉川アドベンチャープログラムは組織、グループのニーズ分析から目標設定、テーマに対するプログラムデザインに関わり、グループワークを通して参加メンバー各自が目標の達成に進むことを支援します。個の成長とグループの成長は相互関係にあります。アドベンチャー・ベースド・アプローチは結果を目指すだけでなく、そのグループプロセスの中に本当の学びや変化があると考えています。個人の意識変化を社会的な力、つまり同僚やチームの持つ力を引き出し、強化していきます。多くの場合、テーマとしてはコミュニケーション、メンタルヘルス、帰属意識向上(チームビルディング)、コアバリュー開発、ファシリテーショントレーニング等、場所は、On Campus(本学内)やOff Campus(学外)においてニーズに合わせて実施しております。

1ビジネス領域

対象社会人

  • a.クリエイティブ・リーダーシップ

    リーダーや管理職を対象として、ビジネスで必要とされる「人と組織を育てるリーダーシップ/ファシリテーション」を学びます。コアバリューの構築、コミュニケーションスキル、プロセスファシリテーションに重点を置き、日常におけるスキルとタスクの分析から、変化に向き合うマインドフルリーダーシップを身につけます。

  • b.アドベンチャーセミナー

    内定・新任・新卒者に適した研修です。組織の目標達成をめざす上で必須のヒューマンスキル(対人関係能力)に焦点を当て、個人として、グループメンバーとして、チームのコアバリューを支えながら、組織で能力を発揮できる人材を育成します。

活動の一例

対象 企業人材教育
目的 組織のニーズアセスメントからの現状分析、計画―実施―評価とワーカー個人とチームをエンパワ ーする変革プロセスをアドベンチャーモデルを基に支援する。
内容 企業・組織のニーズに合わせたスタッフ、従業員、管理職対象の研修・セミナー、トレーニングを デザインし、ファシリテーションを行う。
過去の研修テーマの一例 自律、自己理解・他者理解、チャレンジ精神、チームビルディング、問題発見・課題解決、 帰属意識とサポート、越境・踏み出し、動機付け、チームリーダー育成、スタッフマネジメント、 自ら築く壁を破る、ファシリテーション、部下を育てるリーダー

活動実績

・「1-a.クリエイティブ・リーダーシップ」
目的:リーダー、チーム員としての役割認識 他

・「1-b.アドベンチャーセミナー」
目的:内定者研修、高い目標達成に向けてのチャレンジ力養成、一体感醸成・課題解決 他

2スポーツアスリート

対象アスリート

  • c.チームビルディング ~チームスキル育成~

    スポーツ選手特有のメンタリティとメンタルブロック(固定概念)となり得る個人とチームの現状、問題を理解します。 また、高いレベルのパフォーマンスを発揮するためのアスリートマインドを身につけます。

活動の一例

対象 プロサッカーチーム
目的 新チームに向けたチームビルディング
内容 新加入の選手やスタッフとの関係づくりから始まり、協力、協働、信頼できるチーム環境を作る。 自己主張や自己開示から相互理解や相互尊重ができる土台づくりを提供する。また同調性や等調性を 意識したプログラムなどを行い、自分の行動や相手の行動を分析し、コミュニケーション力の向上を図る。 さらにチームマネジメントに関わる。

活動実績

・「2-c.チームビルディング」
目的:チーム力の強化、仲間との信頼関係構築、チーム内の意思統一・団結を図る 他

3学校教育・社会教育

対象学校関係者・行政機関・大学生

  • d.アドベンチャー・ファシリテーション

    アクティブ・ラーニングの基盤となるグループづくりを体験的に学びます。また、児童・生徒が自ら学ぶ力を発揮させるクリエイティブなファシリテーションを、アドベンチャー体験で育みます。

  • e.アドベンチャー・エデュケーター

    アドベンチャーを基盤としたさまざまな「学びの教材」を用いて、アクティブ・ラーニングのフォーマットへと変換できる知識とスキルを身につけます。 また、 S.E.L(社会性と情動を育てる学習)、遠征型学習などをはじめとするアクティブ・ラーニングの設計(デザイン)から実施、評価法を学びます。

活動の一例

対象 教職員研修(県・市教育委員会、研究指定学校、教師養成塾等)
目的 新採用教員間のコミュニケーションを深め、フルバリュースクール(学級)をめざす。
内容 年次研修において、学習環境の見直し、創造的な支援法、体験学習を導入した授業づくりをテーマに 人間関係をより良くするグループスキル、リーダーシップ力を発揮する。

活動実績

・「3-d.アドベンチャー・ファシリテーション」
目的:リーダーシップやコミュニケーショントレーニング、より良い人間関係の構築 他

・「3-e.アドベンチャー・エデュケーター」
目的:人と組織を育てるリーダーシップ力、ファシリテーション力の向上

4K-12プログラム (親子を含む)

対象幼児(3歳以上)、小・中・高校生

  • f.アドベンチャーキッズ

    TAPを通して、自己理解、自己肯定感などを育み、グループワークから得られる対人スキル、課題解決力、信頼関係、自主性などを促進するプログラムです。個人が持つ力を発見して、他者から学び、互いに学び合うプログラムを通して、生きる力を身につけます。

活動の一例

対象 小学校、中学校、高等学校
目的 学校教育における居心地のよい学級作り、学習環境作りのための支援。 また、プロジェクト学習など体験教育全般におけるカリキュラムデザイン。
内容 各学校の校内研究のテーマに応じた年間計画に対応するプログラム。

活動実績

・「4-f.アドベンチャーキッズ」
目的:クラスの人間関係づくり、親子のコミュニケーションやトラスト活動

5カスタムデザイン研修

ある目標のためにグループ研修を望む方を対象に、カスタムデザインをしたプログラムを提供します。チーム力強化のために、グループの力、チームの力、グループの構成メンバーがコミットメントする力をどう促進していくべきかを学びます。グループやチームのアセスメント(課題の把握)から目標設定、目標達成までの取り組みをトレーニングします。さらに、学べるコミュニティー(共同体)を創り上げる力を養成します。 ?グループ/チームの目標、プログラムデザインなど、詳細はTAPセンターまでお問い合わせください。

Contact !!お問い合わせ

私たちの活動内容や研究について、
またこのサイトに関するお問い合わせは
以下よりお願いいたします。

お問い合わせ先

玉川大学TAPセンター
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1アクセスマップ

※こちらをクリックするとお使いのパソコンのメールソフトが立ち上がります。