Tamagawa Adventure Program

Totally open to your imagination!

What !!TAPとは

世界各国で実践されている
体験学習プログラム

TAPセンターは"行動する全人教育"の理念を基に、
アドベンチャーメソッド(体験教育手法)を適用して、個人やグループのチーム力を高める支援を行っています。
TAPは大変イノベーティブな手法を用いて、多様な領域に帰属する個と組織の成長を促進していきます。

TAPとはどんなプログラム?

So What !!実践

年代別の効果的なプログラム

各種教育活動の
ご紹介

総合学園の特徴を活かしながら、児童・生徒・学生それぞれの成長過程に応じたプログラムを実施しています。 授業やゼミ、ガイダンス、課外授業など様々な場面でTAPが導入されています。 グループワークを通してコミュニケーションスキル、問題解決力、チームワーク、リーダーシップなどを学び、自発的に行動できる人を目指します。

各分野に多彩な外部プログラムを展開

学校教育や企業人材教育、地域活動、スポーツチームのチームビルディングなど、4つのプログラム領域を中心に、目的に応じたコースを学外機関へも広く展開しています。 その形態は、本学内に常設されているチャレンジコースと呼ばれるアドベンチャー教育の施設を利用した学内でのOn Campus プログラムのほか、スタッフが出張して実施するOff Campusプログラムもあります。

Now
What !!外部プログラム

With
Whom !!スタッフ紹介

  • 大山剛
  • 村井伸二
  • 難波克己
  • 川本和孝
  • 白山明秀
  • 永井由美

玉川とアドベンチャー教育との出会いは1997年。5年生の林間学校で実施された野外プログラムにさかのぼります。 玉川が導入したアドベンチャー教育はアメリカで40年以上にわたり高い評価を得ている教育手法で、人間的な成長、社会性を向上させる野外活動や体験を教育に取り入れたものです。玉川での本格始動は2000年から。TAPセンターの前身の心の教育実践センターが創設され、同年学内の経塚山にチャレンジコースが完成しました。 国内で最初にアドベンチャー教育を取り入れた実績と実践を続けた経験から、学内のみならず日本のアドベンチャー教育を牽引していた自負があります。 多様な受講者のニーズにより明確に応じた7つのプログラムを提供しております。 生きる力を引き出す教育の研究と実践との両輪で私たちはさらに進化します。 TAPセンター長:難波 克己

Contact !!お問い合わせ

私たちの活動内容や研究について、
またこのサイトに関するお問い合わせは
以下よりお願いいたします。

お問い合わせ先

玉川大学TAPセンター
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1アクセスマップ

※こちらをクリックするとお使いのパソコンのメールソフトが立ち上がります。